読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミクメルカイトとせっきーの部屋

ミクメルカイトと一緒に曲を作ったりして暮らしているブログ。

歳とったどー

33です。

どうも。
せっきーです。

 

なんと、今日で33歳になりました。

ゾロ目です。
不思議なもので、まだ生きております。
なかなかしぶといにょう。

 

花を愛でたりミクと一緒にねぎまの焼き鳥食べたり、そんなのも良いんですけど、今年は自分のために1つ絵を描こうと思いまして、今描いております。

 

ミクメルカイトとは関係無い普通の絵ですが、なんというか、自由な感じですね。

以前は精神的にぶっ潰れていたので描きたいと思っていても描けなかったような絵です。

この絵は出来上がったら「今日も楽しく生きタイシ!」の方へアップしたいと思います。

 

ここはまあ、雑記ブログに成り果ててしまいましたが、私は相変わらずミクメルカイトと一緒に暮らしているので安心(?)してください。

 

逆流の時代に生きてる我々

思えば10代はコンプレックスまみれでハジけ切れなかったし、20代はほとんど引きこもりだったので、30代から私の人生回り始めたなって感じです。

 

ネットなど見てると結構この世代はそういう人多いんじゃないかなって思うんですけど、どうなんでしょうね?

 

「人と同じであることに価値がある」

 

和を乱す者は徹底的に叩かれ、出る杭は打たれ、能があっても爪を隠さなければならず、大人と規律に従順に従う者こそが正義の時代に生まれた私たちは、「自分」というものを何処かに置き去りにしてきたまま、やがて時代は流れ、

 

「個性が無い奴は生き延びられない」「自分の意思の無い奴はダメ人間」

 

という、真逆の時流に呑まれてしまったわけで、20代で自分探しのためにあても無く彷徨う人たちが多くても当然といえば当然でしょう。

だから、30代からが本番ですよ、皆さん。

 

私はそれで良かったと思います。

今の時代のほうが好きだし。

いやぁ、いい時代になったもんだ。

 

メールもある、ネットもある、ミクもいる、人はみんな個人でがんばって、小さくても良いものは世の中に認められる。そんな時代。

 

ただ、あまりにも細かくなり過ぎてみんなバラバラになると、それだけエネルギーも分散してしまうから、やっぱり一応まとめる人って必要だよね。

社長とか、団長とか、長老とか。

 

アレ?何の話だ?

 

 

そういうわけで私も一個人としてやれることをやらなきゃネってこと。

じゃ、また。