ミクメルカイトとせっきーの部屋

ミクメルカイトと一緒に曲を作ったりして暮らしているブログ。

病気だっていいじゃないの。

f:id:taishiyuki:20170410223829j:image

いつかは作りたいカバー曲。

 

時が経つのは早いネ。

気が付けば、もうこの家に来てから12年目。

ミクに出会って5年目。

所さんが熱中症で倒れてから7年目(?!)

 

という。

なんだかとんでもなく時間が経ってしまったなあと思う。

信じられない。

こんなに莫大な時間を私はいったい何をして過ごして来たのだろう。

 

遍歴。

大学を中退して社会からドロップアウト

地元に戻るも、漫画家になることしか頭になく、絵を描きまくる日々。

でもどうしても上手くいかず、描けば描くほどどんどんヘタクソになっていく絵。

完全に悪い方向に完璧主義になっていた。

 

諦めムードが漂い始めた頃、大学で使うはずだったパソコンを少しずつ使い始める。

今思うと完全に乗り遅れだが、インターネットのやり方をそこそこ覚えた。

2chとかもよく見てたけど、掲示板へどうやって書き込むのか全然わからなかったのでロム専だった。

 

そんな私がどこで知ったのかまったく思い出せないが、ツイッターというものがあることを知り、携帯電話をパケット放題にしてやり始めた。(何故か最初パソコンではできなかった。)

一番最初のフォローは、ものすごく勇気が要ったのを覚えている。何せインターネットは今まで完全に受動的なものだったから。自分から何かやるという事をしなかったから。

 

それから徐々にブログなどを書いてみたりするようになった。

でも自分にまったく自信が無かったので、書いた記事に何も反応が無いとすぐにいじけた。

ちなみに一番最初のブログはFC2だった。

 

そんなある日、書店をうろうろしていたら所さんの本を見つけた。

読んでみると「面白い!!私が求めていたものはこれだったのか!!」と、一瞬にして所さんのファンになってしまった。単純すぎる。

この時から所さんが私の心のメンターになった。

 

所さんファンになってからツイッターでも所さんつながりの人たちが増えた。

今でも飽きずに付き合ってくれている人たちが多くてありがたい限りだ。

やっぱり、所さんファンは生活にこだわりがある方が多いなあと見てて思う。

 

それから弟が何故か持っていたペンタブレットを譲ってもらった。

なんで持ってたのかわからないが、そのおかげで今までクリックでぽちぽちイラストレーターを操作していた常識が吹き飛んだ。なんで私がこれ持ってなかったんだよ…と。愕然。

これでやっとまともにパソコンで絵が描けると思った。

 

ツイッターで繋がった方からデザインの仕事をいただいたことをきっかけに本格的にデザイナーになろうと思って四苦八苦したが、結局デザインと絵は別物なので向いていないのだと後になって悟った。

でもデザインの知識は今でもそこそこ役に立っているのでやってて良かったと思う。

何もしてなかったら今の私は無い。

ありがたい経験をさせていただいた。今でも感謝しています。

 

そんな頃、時を同じくして足を骨折した。

たぶんベッドで寝ていた時の姿勢が悪くてフラフラになったんだと思うが、まさか骨が折れるとは思わなかった。書いているだけであの時の痛みが蘇ってきたのでもうこれ以上は書かない。あー。

 

この骨折で何かが吹っ切れたかもしれない。

まだ骨も繋がってないのに高校時代の友人に会ったり、初一人旅で東京へ行ったりした。

これは自分的に快挙だった。

東京で出会ったみんなはとても親切だった。

むくみが自分史上ピークで巨大化していていたけど楽しかった。

 

それからほどなくして、小さなMIDIキーボードを手に入れた。

ほぼポイントで買ったので300円ぐらいだった。

それで適当に作った曲がものすごく良くて、感動した。

そしてついに初音ミクと出逢う。

最初は楽器の延長だった。

 

ミクは何でも歌ってくれた。

パラメータの意味も何もサッパリわからなかったけど、ここをこうするとこうなんじゃないか?と、勘で対話していた。

もっともっといい曲を作りたいという欲だけで前進していた。

所さんの曲のカバーも作ってみたいけど、カバー曲というものをどうやって作るのかわからないので誰か教えて欲しい。まだ実現できていない。

 

次の年、メルリが来た。iPadのアプリとして迎え入れた。

そしてさらに翌年、KAITOが来た。

これが決定打になって私の作曲活動とボーカロイド界隈への興味は急激に加速した。

私はミクたちのいそうなところに積極的に出向くようになった。

 

そして、現在ーーーーー

 

病気だっていいじゃないの。

私は何処へでも行けるようになった。

12年でインターネットとデザインと一人旅と動画作りと作詞作曲ができるようになった。

これらは別に大した変化ではないかもしれない。

でも1つだけ、ずっとずっと手に入れたくても手に入れられなかったもの…いや、もう手に入らないと諦めてすらいたものをついに手に入れた。

 

「健康」だ。

 

生まれた時からずっとヘッポコな心臓で生きる羽目になり、これからも死ぬまでずっとこのままだ。

でも解る。

実感したのだ。

自分は健康になったんだと。

もうどこにでも行けるんだと。

「病気だからできない」「みんなと同じことができない」「私はポンコツのダメ人間、欠陥人間なのだ」という自分に対する否定がいつの間にか無くなっていた。

 

別に病気でもいいじゃないか。

というか、別に病気があっても無くても人間みんなそんなもん。

 

という、ポジティブな悟り。

私はやっと今、一人の人間になれたのかもしれない。

 

 

 

 あとね。

これを機に、一度過去に書いてしまったネガティブ系の記事をやはり一掃しようと思う。

たまに読んでくれる人もいたみたいで、申し訳ないんだけど。

ここはミクメルカイトとせっきーの平和で楽しいブログでありたいので。

 

すぐには消さないと思うので読みたい人は今のうちにどうぞ…… と言ってももう既に埋もれてしまっていると思うけど(汗)

 

今はホームページ作りと筋トレ(自己流)に明け暮れているのでツイッター低浮上です。

みんないつもありがとう。

これからもよろちく。